« 2009年6月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月30日 (土)

つよくなった...

コナンの前ではけして、流産をしたことを悲しんだりしていなかったけど、そんなコナンは何かを感じて板野でしょうか突然、「ママを守ってあける!」と言い出しました。
突然でびっくりしたけど、聞くと赤ちゃんがいなくなって、お腹が痛いママを守るって言うんです。
そしてママの頭をなでなでしてくれました。
ちょっぴり大人になったような気がします。
子供って凄いです。
悲しんでばかりいたらダメですね。
前へ進まないと!

2010年1月27日 (水)

悲しいお知らせ...(流産)

二人目が出来てとっても喜んでいましたが1月14日。
悲しいことに流産してしまいました。
朝方の6時半頃目覚めたらなんか濡れていて、隣に寝ているコナンがお漏らししたのかとおもいました。
しかし寝ぼけていたとはいえ、よくよく考えると自分で、慌ててトイレに行くと血の海で血まみれでした。
慌ててかかりつけの病院へ電話しましたが休診日の為、8時過ぎに来て下さいと言われ、安静にして時がたつのをジッとまっていました。
しかしなんとかできないかと、救急病院へ何件か電話をしましたが、すべて断られてしまいました。
しかたがないので時間が来てかかりつけの病院へ。
やっぱり流産。
もうダメだというのはわかっていたけど、悲しくて涙がでます。
しかしコナンの前なのでぐっとこらえ家に帰りました。
出血まだかなりのもの。
とてもじゃぁないので、コナンをみることができないので、パパには仕事を休んで面倒をみてもらいました。
しかし翌日もこの様子で無理なので、実家へ預けに行ってもらいました。
テレビドラマでは、流産シーンをみた事がありましたが、本当に私の場合はそのシーンそのもので血の海でした。
コナンにこの状態を伝えるのは本当辛いもので、お腹の赤ちゃんがいなくなったと伝えるとコナンは、僕がママの赤ちゃんだよと言ってくれました。
そして頭をなでてくれるコナン。

原因はなんだろうと考えるのも嫌だけど、つい自分を攻めてしまいます。
しかし悲しんではいられないので、前向きに考え次ぎは今回のようにならないよう、二人目はあきらめないで頑張ろうと思います。

2010年1月25日 (月)

お久しぶり...

随分長い間、ご無沙汰してしまいました。
家族みんな元気は元気でしたたね♪
息子のコナンは、とってもやんちゃに育ちました。
只今、2歳8ケ月、男の子なのに口がたっしゃです。
おまけに行動や、やることや考えることなどは2歳児とは思えない程で、3、4歳児に間違えられ、しかも見かけは女の子に見えるようで、おとってもやんちゃな女の子状態!
発育が相変わらず早く、同い年の子とはかなり浮いた状態のコナンです。

日常生活はかなり激しく、ママはずっと疲れた状態の日々が続いたけど、なんとか去年に二人目ができたことがわかり、家族みんなで喜んでいました。
しかし今年になってから....

« 2009年6月 | トップページ | 2010年2月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31